非ヘム鉄とヘム鉄の違い

非ヘム鉄より、ヘム鉄のほうが吸収率が良い

非ヘム鉄とヘム鉄の違いの種類と特徴

食卓で馴染みが深いと言える非ヘム鉄は、ほうれん草や小松菜などの野菜や大豆製品にも含まれています。

 

よく食べる機会があることから、鉄分をしっかりと補給できそうですが、非ヘム鉄は吸収する際に他の栄養によって吸収が阻害されやすい性質を持っているので、なかなか鉄分の補給ができないとされています。

 

具体的に言うと、5%程度しか吸収されないなど、非ヘム鉄の食品をとっても鉄分補給はできないに等しいと言えます。

 

また、こちらを補うために、鉄分の吸収率を高めるといわれるビタミンCや動物性タンパク質の摂取が推奨されていますが、家庭で摂取する機会の多い非ヘム鉄は鉄の含有量が少ないことも多いとされているので、鉄分補給には好ましくないと言えます。

 

他にも、非ヘム鉄はむき出しのまま吸収されるために胃腸を荒らすとも言われており、食べ続けてしまうと吐き気や下痢などに繋がることもあるとされています。

ヘム鉄は過剰摂取にもなりにくい

非ヘム鉄,ヘム鉄の違い

レバーやうなぎなど動物性食品に含まれているヘム鉄は、非ヘム鉄と違って吸収の際に他の栄養素の阻害を受けないことからしっかりと吸収されます。ヘム鉄は非ヘム鉄より25%も吸収率が高く、鉄分の含有量も多いので、体内利用がしっかりされるとも言われています。

 

同時に、鉄ポルフィリン複合体に包まれて吸収されることから、胃腸を荒らす心配も全くないとされています。さらには、余分な鉄分は排出する特徴をヘム鉄は持っていると言われているために、過剰摂取による副作用にも繋がりにくいです。

 

ヘム鉄は、このように鉄分補給に向いている鉄分となりますので、摂取する際は、非ヘム鉄よりヘム鉄で補給するほうが良いでしょう。

非ヘム鉄は吸収性が悪かった・・・

非ヘム鉄,ヘム鉄の違い

食卓で馴染みが深いと言える非ヘム鉄は、ほうれん草や小松菜などの野菜や大豆製品にも含まれています。

 

よく食べる機会があることから、鉄分をしっかりと補給できそうですが、非ヘム鉄は吸収する際に他の栄養によって吸収が阻害されやすい性質を持っているので、なかなか鉄分の補給ができないとされています。

 

具体的に言うと、5%程度しか吸収されないなど、非ヘム鉄の食品をとっても鉄分補給はできないに等しいと言えます。

 

また、こちらを補うために、鉄分の吸収率を高めるといわれるビタミンCや動物性タンパク質の摂取が推奨されていますが、家庭で摂取する機会の多い非ヘム鉄は鉄の含有量が少ないことも多いとされているので、鉄分補給には好ましくないと言えます。

 

他にも、非ヘム鉄はむき出しのまま吸収されるために胃腸を荒らすとも言われており、食べ続けてしまうと吐き気や下痢などに繋がることもあるとされています。

ヘム鉄サプリと謳っている偽者に要注意

非ヘム鉄,ヘム鉄の違い

 

ヘム鉄は、レバーやうなぎなど食事から補うことが簡単ではないことから、サプリで摂取する方も多いですが、ヘム鉄と謳っていても偽者があるので要注意です。

 

その特徴ですが、まずヘム鉄を十分に含むサプリを作る場合は、原料をたくさん使うために値段が張ってしまったり、粒が多くなることがあるようですが、偽者の場合はヘム鉄が十分な量ではないことから値段も安く、1日1粒など量も少ないとされています。

 

偽者であると、当然まったく効果がでないと言われていますので、偽者の特徴を満たすサプリの摂取はおすすめできません。

まとめ

非ヘム鉄,ヘム鉄の違い鉄分には非ヘム鉄とヘム鉄の二種類がありますが、吸収性が高かったり胃腸を荒らす心配がなかったり過剰摂取に繋がらないヘム鉄が鉄分補給にはおすすめですので、ヘム鉄を摂取していってください。 鉄分は、貧血の改善・予防はもちろんその他の健康効果や美容効果も得られますので、鉄分によってトータル的な健康を維持させていきましょう。
以下のページも合わせて読むことで更に鉄分のことがわかります。
美めぐり習慣のオススメ理由と口コミまとめ 鉄分補給は吸収できる食材とできない食材がある 鉄分の過剰摂取と副作用

【鉄分サプリ】貧血・妊娠時の鉄分補給に最適なヘム鉄サプリ選び・トップページへ

page top