生理中の眠気の原因

月経関連過眠症で眠くなる仕組み

生理中,眠気,原因

生理中に眠気を起こす月経関連過眠症は、体内でホルモンバランスが崩れることでおきるといわれていて、生理中は女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンでは前者が優位になって、ホルモンバランスが崩れるといいます。

 

プロゲステロンは、『眠気を起こす』特徴があるといわれているなど、プロゲステロンによって眠くなるとされています。

 

つまり、生理中はプロゲステロンといった女性ホルモンが優位になって、ホルモンのバランスが崩れて月経関連過眠症が起き、それに伴って眠気が起きてしまいます。

貧血から、眠気を起こす月経関連過眠症に繋がる理由とは!?

生理中,眠気,原因

生理中に、眠気が起きる月経関連過眠症になることが分かりましたが、こちらは貧血から起きやすくなるといわれています。

 

理由としては、生理中は血液とともに鉄分が失われて、体内で酸素不足が起きると言われていますが、普段から酸素を運ぶ血液(ヘモグロビン)の活動が低下している貧血の方では、著しく酸素不足が起きてしまい、よりホルモンバランスの崩れが起きやすいことがあげられています。

 

簡単に言いますと、貧血の方は生理中だけではなく普段から酸素不足であることから、貧血ではない方と比較して生理中のホルモンバランスの崩れが現れやすくなり、それに伴う眠気が起きやすくなるということです。

貧血対策を万全にしていると眠気が起きない!

生理中,眠気,原因

日ごろから貧血対策を万全にしていると、良質な血液が造られる事とイコールになることから、酸素がしっかりと運ばれて、生理中に眠くなることもないと言われています。

 

肝心の方法ですが、良質な血液を造って貧血対策になるといわれる『鉄分』をしっかりと摂取することが一番にあげられます。

 

他には、ブランケットなどで『下半身をあたためる』といった方法は、崩れたホルモンバランスを整える効果があるといわれているので、冷やさないようにすることもお勧めです。

 

加えて、眠気を感じた際に眠気覚まし効果があるアロマの活用もお勧めとなり、アロマの種類としてはペパーミント・ミルラ・ユーカリが良いとされています。

貧血でない方は生理中に眠くなりにくなど、貧血を防止することは月一の不快をなくすことに繋がる!

生理中,眠気,原因	生理中の眠気は、ホルモンバランスの崩れを招きやすい貧血であること、よりおきやすいことが分かりましたが、反対に貧血ではない方はホルモンバランスの崩れを起こしにくいことから、眠気もおきにくいとされています。

 

その為、貧血をなくしていくことで眠気も無くしていけると言えますし、生理中の不快な症状は眠気だけではなく腹痛やだるさなどもありますから、これらを防止するためにも貧血対策が役立つと言えます。

 

 

以下ページも読むとさらに鉄分不足に関することが分ります。

 

【鉄分サプリ】貧血・妊娠時の鉄分補給に最適なヘム鉄サプリ選び

 

鉄分不足の症状と原因

 

体がだるい原因は鉄分不足

 

 

【鉄分サプリ】貧血・妊娠時の鉄分補給に最適なヘム鉄サプリ選び・トップページへ

page top