貧血薬の副作用

貧血を薬で治すには副作用が強すぎるという話

貧血薬,副作用

貧血を治す薬はいくつかあるとされていますが、中でも鉄剤が処方されるケースが多いと言われています。

 

これは、貧血の原因を多くを占める鉄欠乏性貧血に対応する薬で、鉄分を補える薬とも言われています。

 

この鉄剤は、鉄が胃腸を刺激することで、『吐き気』『胃痛』『胃のもたれ』『胸焼け』『めまい』『下痢』などの副作用を起こすことが分かっています。

 

他にも、造血作用があるとされるエリスロポエチンといった薬は、血圧の上昇といった副作用が報告されています。

クセのある味で食欲まで失う!?

貧血薬,副作用

多くの方が、貧血の際に処方される薬は「味にクセがあって続けるのがつらい」といいます。

 

これは、含有されている鉄分の味によってそう感じるとされていて、中には食後に飲む薬のせいで食欲までなくなってしまうなどと悩んでいる方もいます。

 

貧血の薬は、3ヶ月など長期的に続けることで、体内に蓄積されて治療効果が出るとされているので、クセがある薬を飲み続ける必要があるために、貧血の薬を飲むことは精神的にもキツイ行為と言えそうです。

薬で副作用が出た場合はこういった対処が行われるが・・・

貧血の薬によって、吐き気などの体への不調はもちろん、味によって続けらないなどが起きた場合は、以下のような手段がとられます。

 

ですが、対処法によっては他の副作用が出る場合もあり、注射での治療の場合は便が真っ黒になるといったことが報告されています。

 

他にも、胃薬との併用やオブラートは面倒といった声もあるなど、貧血を薬で治すのは楽ではないのが分かります。

  • 胃薬を処方する
  • 空腹時ではなく服用を食後にする
  • 量を減らして処方する
  • オブラートなどの提案
  • 注射によって治療する

貧血対策は食材から摂取するかヘム鉄性のサプリがおすすめ!

貧血薬,副作用

貧血対策をするならば、食材などが原料のサプリがおすすめで、サプリの場合は殆ど副作用がないとされています。

 

実際に、薬からサプリへ移行した方は、「副作用を感じなくなった」などの声も多く、飲み続けることで貧血に対する効果を実感しているケースも多いと言われているので、貧血を改善するにはサプリがベストと言えるでしょう。

 

 

以下ページも読むとさらに鉄分不足に関することが分ります。

 

鉄分補給は吸収できる食材とできない食材がある

 

鉄分サプリの選び方

 

鉄分の過剰摂取と副作用

 

 

【鉄分サプリ】貧血・妊娠時の鉄分補給に最適なヘム鉄サプリ選び・トップページへ

page top