貧血の原因と対策

鉄分不足だけじゃない!遺伝の場合もある!?

貧血,原因,対策貧血は、酸素を運ぶ赤血球とヘモグロビンの生成がしっかりと行われないことによる、酸素不足で起こるといわれています。

 

生成が行われなくなってしまう原因は、以下の通りです。

 

対策も併せて、チェックしてみましょう。

 

1.鉄不足

 

貧血の原因の多くを占める鉄不足によって、鉄が材料のヘモグロビンが生成されずに、酸素不足に陥って、貧血になるといわれています。

 

対策としては、鉄分の十分な摂取が推奨されています。

 

2.遺伝や腎機能低下など

 

稀ですが、酸素を運ぶ血液を作る脊髄の機能が低下していることで、赤血球などの生成が行われずに貧血が起きる場合もあるといわれています。

 

再生不良性貧血と呼ばれていて、遺伝が原因との見方が強く、骨髄移植といった方法が今のところ改善策とされています。

 

他にも、腎機能低下で造血が行われないとされる腎性貧血などもあり、病院での受診と治療が必要とされています。

貧血の症状は低血圧に似ている!?

貧血,原因,対策

貧血の症状は、低血圧の症状に似ていると言われており、低血圧だと思ったら実は貧血というケースは結構あるといわれています。

 

見分け方としては、貧血の場合は血圧が正常とされているので、血圧の測定がおすすめです。

 

ちなみに、最高血圧の方が100〜110mmHg以下であり、最低血圧の方が50〜60mmHg以下であると低血圧とされているので、参考にしてみてください。

 

〜貧血の症状〜

 

  • なかなか朝起きれない
  • 立ちくらみやめまいが起きている
  • すぐに疲れてしまう
  • 少し動いただけでも息切れしてしまう

 

貧血を放っておくと大変!?貧血が体に及ぼす影響

貧血,原因,対策

貧血の症状を放っておいてしまうなど、あまり深刻に考えていない場合は大変危険です。

 

というのも、貧血はたまに起きる立ちくらみなどだけでは終わらず、放置してしまうと吐き気が繰り返されたり、食欲がなくなったり、立っているだけでもつらいなど普通の生活が送れなくなってしまうからです。

 

最悪の場合は、昏睡状態によって入院の必要性も出てきてしまうといわれているなど、危険に繋がる病気と言えますので、早めの改善が絶対となります。

貧血の原因を見極めて、しっかりと改善に努めましょう!

貧血,原因,対策

貧血は、食生活の乱れやストレスなどによる鉄分不足が一番多い原因とされていますが、それだけではなく遺伝など他の要因で起きていたり、そのままにしておくと意外に怖い病気であることも分かったと思います。

 

どちらにせよ、原因を突き止めて改善させていくことが大事と言えますので、放置せずにきちんと貧血と向き合っていきましょう。

 

 

以下のページも合わせて読むことで更に鉄分のことがわかります。

 

鉄分不足の症状と原因

 

一日あたりの鉄分の摂取量(成人女性・男性・妊娠中別)

 

鉄欠乏性貧血の症状・原因・対策

 

 

【鉄分サプリ】貧血・妊娠時の鉄分補給に最適なヘム鉄サプリ選び・トップページへ

page top